■■■悠木昭宏が町で出会った風景にコメントを添えてお届けします。■■■
田舎の紅葉

 いつも寄って見る道の駅「庭園の里 保内」の紅葉です。ここは庭師のプロフェッショナルの方々が手入れをしているので、綺麗に色づいているのかと思い今回も立ち寄ってみました。ぐるっと一回りして写真は、中にあるイタリアンのお店近くを写したものです。敷地もすごく広いので散歩にもなります。それなりの紅葉していましたが、なんだか昨年より遅い気がします。期待していたのは真っ赤なモミジの葉っぱなのですが、これからという感じですね。ちょっと残念です。

 さて、昨日から学生の作曲したものを清書してあげて、コードをつけたりしているのですが、これがなかなか面白い!なんの制約もなしに自分たちの作った詞に曲をつけさせています。多分生涯で曲を作るなんてことはやったことがないと思いますがピアノ初心者の子もそれなりにちゃんと楽譜らしきものにしてきます。この課題は創造力の訓練とそれを表現するという2つの目的なので、ちゃんとできなくても構いません。ピアノはそれなりに弾けるのに、楽譜という人に伝える表現になると途端にかなりのハードルになります。メロディーは(不思議なものもありますが)其れなりにできるのですが、リズムがとにかく弱いようです。体の中にビート感がありません。ちゃんと弾ける学生でも、4/4で1小節の中にある数が合いません。歌を聴いていても、拍子のビート感がなく平坦な表現になってしまうのは、アクセントの欠如によるものだと私は思っています。言葉の区切りはもちろんですが、拍子の中のアクセントも重要だなと思う今日この頃なのでした。

 

 

 

新潟県三条市道の駅「庭園の里 保内」
 

07:12 故郷 comments(0) -
行きたかった場所へ

 田舎に帰るスケジュールはどうしても土曜日から月曜日までの日程が多い。土曜日リハーサルで、日曜日本番というパターンに毎回なってます。結構自由な時間が取れず、いつも心を残して帰ってきます。今回もここだけは行っておきたかったので、帰る日の朝行ってきました。その場所は新潟県加茂市の水源地というところで、粟ヶ岳という山の麓にあります。加茂市の町の真ん中を流れる加茂川はここから始まっています。街の中はいまいちな感じの紅葉も、ここは少し早く始まります。思った通り何本かの木はみごとに赤くなっていました。朝早く行ったので下の写真のような、幻想的な景色を見ることができました。水面から上がった水蒸気が靄(モヤ)のように揺れてとても美しかった。やはり時間を削ってきてよかった。故郷の美しさを感じられる場所は毎回裏切りません。是非写真をクリックしてみてください。大きくなります。

 

水源地

Click to Photo
 

05:41 故郷 comments(0) -
見附イングリッシュガーデン

 コンサートの前日、13日(土)に新潟に行きましたが、7時からのリハに少し時間があったので見附市にあるイングリッシュガーデンに寄ってみました。ホテルも併設されていてとても素敵なところです。昨年母の葬儀の時にこのホテルに泊まりガーデンの存在を知りました。思い出深い場所です。たくさんの花を見ることができ、なかなか素敵なところです。今回はハロウィンモードになっていて所々にカボチャや装飾が施されていました。季節によって違う花を見られるので楽しい場所でもあります。写真は入り口の装飾、この門を入る時には結構わくわくします。見附市は私の本当の故郷でここで生を受けました。駅から街まで割と距離のあるところでなかなか発展しない街でしたが、ここにきて発展している様子が表面化してきました。電柱の埋設を宣言したり、駅前の再開発もするようで、これからが楽しみな故郷の町です。

 

 

新潟県見附市イングリッシュガーデン
 

06:18 故郷 comments(0) -
文化の日

 何だかよくわからない文化の日の翌日、毎年この頃開催される田舎の市民音楽祭に行って我がコーラスは3曲演奏しました。式に不慣れは私は、ステージに出てお辞儀をしてコーラスの皆さんに楽譜を開く合図を送るというのをすっかり忘れてました。(笑)演奏は無事に終わりました。私は客席に背を向けているので観客の反応はいつもわかりませんが、聞くところによると2曲目に演奏した「ちいさな手」(作詞・作曲 森田直美)という大好きな曲に感動していただいてたようでとてもうれしかった。作曲者に了解を得て、この曲を多くの人に聞いてもらう、歌ってもらうということを勝手にやっています。どこでやっても感動してもらえる素敵な曲です。

 さて、今回は不思議なことが・・・!私は田舎に帰る時、湯沢ICで降りて県内の景色を楽しみながらドライブするのですが、途中に田中角栄さん銅像が駅前にある浦佐というところを通ります。駅前で信号を待っていると手を振る人が???と思ってよく見るとコーラスのメンバーの一人。え?こんなところで会うはずのない人に会ってしまうという偶然!ちょっとびっくり!この方とは他にもすごい偶然が!私が勤務し始めた年に娘さんが1年生で入ってきてうちの学校を卒業しています。ひょんなことから発覚してびっくりしたことを覚えています。不思議な関わり、偶然、こんなことがあるから人生やめられませんね。

 

 

加茂市文化会館の前庭

 

アキアカネ


 

06:22 故郷 comments(0) -
青空見えました

 一年に一回亡くなった恩師の発表会コンサートが続いています。先生の残してくれた音楽の遺産が一堂に会して行われる嬉しい1日です。先生が大好きだった打ち上げも楽しい会となりました。たくさんの門下生や合唱団の人が集まっての大宴会!(笑)みんな一年間のブランクを埋めるように盛り上がりました。いなくなった寂しさは心に張り付いていますが、音楽を通して集まった仲間たちはみんな素敵です。こんな集いができることも先生の遺産です。

 さて、帰り道なんだか久しぶりに大きな青空を見ることができました。写真は塩沢にある道の駅の青空。新潟に行くと大きな青空を実感できます。高い建物はあまりなく広がっているのは稲穂をつけた田んぼ、余計なものは何もありません。とても癒されます。それが見たくて米どころ魚沼市などを通って湯沢までは高速道路を使いません。不思議と長い道のりではありますが全然疲れないし飽きません。信濃川や魚野川を数回横切って見える景色は本当に綺麗です。昨日の帰りは渋滞もなくすっきりと帰ってきました。休憩を入れて7時間くらいかかりますが、全然苦になりません。次は11月稲刈りも終わってまた違う景色を楽しむことができることでしょう!楽しみです。

 

 

 


 

04:41 故郷 comments(0) -
恋しい青空

 今日は3時に目覚めてしまいました。横浜は朝から雨が降っております。気温が低いのは助かりますがそれにしてもよく降りますねえ〜!写真のような青空が見られるのはいつなんでしょうか?雨が多くて歩いていないので、昨日は雨の中横浜に行ってちょっと歩いて見ました。お盆休みの最終日だからなのかもしれませんが、雨の中にもかかわらず横浜駅近辺は人で溢れていました。世の中の人は雨でも出かけるんだなと、改めて感じた日でもありました。幸い小雨だったので割と楽でしたが・・・!帰りは隣の駅に降りて買い物(玉子)をして帰りました。最近西友の玉子にはまっています。白身も黄身もしっかりしていて目玉焼きが崩れません。毎朝作るのでここの玉子以外はちょっと許せない感じになってきました。ということで無事に玉子をゲット!以外に重い玉子を抱えて

雨の中を歩いて帰りました。滅多にあるかない雨の中、見慣れた景色を見ながら帰路につきましが以外と雨の中の木々の緑が綺麗で新しい発見。荷物を持っていたので写真は撮りませんでしたが、それなりに楽しい散歩になりました。

 今週の週末は道路が空いていることを願いつつ新潟へ行きます。母が亡くなってからまだ3ヶ月が過ぎたところです。先生のところにもお参りに行きたいし、いつも新潟に帰るとスケジュールがカツカツでなんの観光もできません。母がお世話になった新潟の友達にもご無沙汰しているのでご挨拶もしたいし、と忙しく過ぎて行きそうです。日曜日はコンサートの本番!恩師の意志を継いだ人たちが一堂に会します。晴れることを願いつつ・・・!楽しみです。

 

 

新潟の青空
 

03:53 故郷 comments(0) -
加茂山公園

 毎度お馴染みの田舎の公園です。子供の頃から馴染んだ公園は行くたびに四季折々の表情を見せてくれて、心が和みます。この場所に行くと様々な思い出が蘇って来ます。変わらずにあるものと思っていましたが今回は小さな変化がありました。この場所には2軒の休憩どころがあるのですが(下の写真)そのうちの一軒が代わり、街中にある和菓子屋の経営に変わったようです。少し綺麗になりました。それでも佇まいは昔のままですが、なんだか綺麗になって蘇ったお店はこれからどれくらいここにあるのでしょう?私の家がなくなったように歴史はどんどん変わっていきます。どんなに変わってもこの場所は好きだ!田舎に行くたびにぼんやりするために行きますが、行くたびに好きになる今日この頃です。

 さて、今日は朝から雨が降ってる横浜です。それにしても昨日は暑かったですね。どんなに暑くても散歩は欠かせない私のルーティンですが、昨日出かけた時はクラクラするような暑さでした。帰りにお気に入りの卵を買って帰りましたが、帰り着いた時にゆで卵になっていたらどうしよう?と心配するような気温でしたね。子供の頃は30度になると大騒ぎしていましたが、今や40度も視野に入っています。アメリカのテキサスでは経験していましたが、いよいよ日本でも40度越えになるんでしょうか?アメリカは華氏なので摂氏40度は華氏104度です。しかしテキサスとの違いは湿度ですね。日本はプラス湿度があるので体感が全く違います。海辺に行ってみると日本の湿度の多い気候に似ていますが、普段は結構乾燥しているのでそれほど過ごしにくいということはありません。かなりの暑さです。皆さんも気をつけて過ごしましょう〜!

 

 

 

新潟県加茂市加茂山公園
 

06:08 故郷 comments(0) -
1週間前

 ちょうど1週間前に49日の法要と納骨を写真のお寺(我が家の菩提寺)で無事に済ませてきました。騒然とした世の中とは裏腹にお寺の中は静かな時間が流れていました。このお寺はなかなか立派なお寺で、本山は鶴見の総持寺と永平寺の流れを組む禅宗のお寺です。小さい頃には気づかなかった、なかなか立派なお寺です。あまり宗教には興味のない私ですが、お寺の中の凜とした空気は好きですね。様々なことを考えながら母の納骨を済ませてきました。一応ひと段落つきましたが、遠くになってしまったお墓をどうするかとか、自分が亡くなった後のことを今度は考えねばなりません。生きるって結構面倒ですが、歴史はそうやって作られてきているのだと実感させられます。

 昨日はテニスもなく、朝から一日仕事があって5時半に出て帰ってきたのは8時頃でした。久々にちょっと疲れましたが、なんだか楽しい一日でもありました。毎年経産省から勝手に送りつけてくる特定サビース産業実態調査というのが今我が家にあります。作曲や編曲、音楽制作などをやっていますが、大した売り上げもない超零細会社になんの恨みがあってこんなものを送ってくるのかさっぱりわかりません。質問の中にはほとんど該当しない項目ばかり、こんな時に特殊な商売はとても困ります。結構このアンケートはストレスになります。しかもこんなのは天下り役人の会社が下請けでやっているのが住所から伺い知れます。調べるべき会社は他に山ほどあります。質問の内容から、業務内容など吟味してないで会社を選んでいるのが一目瞭然です。出す方も的外れな会社を選ばずちゃん吟味して出して欲しい今日この頃なのでした。

 

 

 

新潟県加茂市定光寺
 

06:26 故郷 comments(0) -
美しい故郷

 私が生まれた見附市からは守門岳という山が見えます。今年はまだ雪が残っていました。小学校4年生の時に加茂市に引っ越しましたが、加茂市は粟ヶ岳という山の下に広がっています。どちらも盆地なので夏は暑く冬は寒いですね。まあ似たような境遇の地形なのですが加茂市は街の真ん中に川が流れていて少し雰囲気は違いますね。見附市にも刈谷田川という川が、こちらは町の外れを流れています。加茂市にいた方が断然長く、どちらも私の故郷には違いありません。小学校の校歌は「粟と弥彦を東西に」という歌詞で始まっていて、この歌詞のおかげで東と西が判断できます。太陽は粟ヶ岳から登り弥彦の方へと沈んでいきます。東西南北が日がてな私も田舎に帰ると結構わかったりします。幼少の頃は見附市、小学4年生からは加茂市と美しい2つの故郷はそれぞれ良い思い出がたくさんあり、引っ越した当時はよく見附に帰っていました。母親も最後は生まれた場所に戻れてよかったと今では思っています。お墓は加茂市ですが・・・!

 

 

 


 

06:25 故郷 comments(0) -
見附市English Garden

 母のところへ通っていた時に車の中から「あ」こんなのができたと思って前から存在は知っていましたが、くしくも先日お葬式が終わった後にここの隣接されたホテルを取ってもらい宿泊しました。小学校3年まで生まれ育ったこの田舎町に、またこんなの作ってと思ってましたが、行ってみたらかなりのスケールで管理された広大な庭が広がっていました。かなり本格的なEnglish Gardenで回遊できるようになっています。端っこにちょっとだけ日本風なものが混ぜっていて「おいおい」と思わされましたが、概ね良好な素敵な場所でありました。周りは広大な工業団地になっていますが、庭の作りで電線もなく工場も見えず、まるで別世界、花が好きな人には嬉しい場所です。開館は8時45分〜日没までという結構アバウトな感じですが自由さを感じる配慮がしてあります。しかも入園料は無料です。見附市は今電線をなくすプロジェクトを始めたようです。ホテルからはPLNTSという大型スーパーがあり、歩いてもいけます。ここがまた面白い!入るとアメリカの懐かしい匂いがします。大型と一口で言ってもかなりの広さで全部見て回るには結構疲れるかもしれません。なんだか目に住んでいたテキサスのサンマーカスとい町に似ている感じ、自分の生まれた街がこんな風に変わっていくのが結構面白いと思っています。

 昨日のブログでたくさんの方から暖かいお言葉をいただきました。一昨年(音楽の恩師)、去年(恩師の奥様)、そして今年(母)と3年連続で大切な人たちが別世界へ行ってしまいました。いずれは来る別れではあります。まさか先生が母より先だとは思ってもいなかったのでビックリしていたら、奥様が後を追うように逝かれて、一番年寄りだったうちの母が続きました。まあ、3人ともよく知っている間柄です。向こうでわいわい仲良く騒いでいるかもしれません。書き込みをいただいた皆様ありがとうございました。

 

 

 
 

05:59 故郷 comments(0) -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
かんたんメソッド コードで弾きうたい (4038)
かんたんメソッド コードで弾きうたい (4038) (JUGEMレビュー »)
細田 淳子,笹井 邦彦,西海 聡子,悠木 昭宏
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND