■■■悠木昭宏が町で出会った風景にコメントを添えてお届けします。■■■
田舎の風景

 朝から30度越えの日曜日です。写真はこの前新潟に行った時の田舎の上流ですが、雲がすごく面白い日でした。雲が面白いのは2度と同じ形は出現しないということですかね。その一瞬が全てです。自然の風景は偉大で圧倒されます。私の田舎は町の真ん中に川が流れています。加茂川という京都っぽい名前ですが、神社も含めて何かしら京都とも関係があるようです。まあ京都ほどは大きくない小さな町です。住んでいた頃はあまり思わなかったのですが今では大好きな町の一つになってしまいました。上流に行くと写真のように田舎の風景が広がります。この辺に来るとなんだかホッとします。私にとっての癒しの場所ですね。

 さて、今日は久しぶりのテニスなんですが、ご存知のように危険区域に達した気温で果たしてどの程度できるかちょっと心配です。もちろん対策は万全にしていくつもりです。まあ、休みながらやれば大丈夫でしょう!!

 

 

加茂川上流
 

06:01 新潟 comments(0) -
涼風写真

 毎日異常なくらい暑い日が続いていますが、昨日の都心はまるでサウナにいるような感じでした。なんとか倒れずに家までたどり着きましたが、地元駅から家までは緑が多いので都心とはちょっと違う感じです。風も少し吹いていました。夕方だったのですが、それでもあまり気温が下がった感じはありませんでしたね。こんな時は自分で撮った涼風を感じる写真を眺めています。田舎の公園の写真ですが、水辺の風景というのは涼しげに見えます。実際は暑かったんですけどね。

 この公園は子供の頃に遊んだ場所なので熟知しています。お休み処も2軒か3軒あって、かき氷やトコロテンなどが楽しめます。そういえば子供の頃に何かを買ってもらった記憶はなく、お店で食べたこともありませんでした。帰ると必ず行くので今度機会があったら何か食してみようかな。一ヶ月後にはこの街へまた行きます。

 

 

 

 

加茂山公園
 

04:43 新潟 comments(0) -
寒さに負けました

 金曜日(1月26日)に最後の授業に行き会議を済ませた帰り道、体感温度がとても寒く池袋駅ではブルブルと震えていましたが、案の定その寒さに負けて風邪を引いてしまいました。土曜日は近所のクリニックでインフルでないことを確認して、一日中寝ておりました。風邪でブログを休んだのは初めてかもしれません。ずっと寝ていたために本日の朝は早めの起床。眠いような眠くないようなフワフワとした気分の中にいます。ところでインフルエンザは猛威を振るっているようですが、私は今までかかったことはない気がします。(記憶の範囲ですが)まあとにかくインフルではないということがわかって一安心です。

 本日も0度という気温表示が出ています。多摩地方は相変わらずマイナス気温になっています。これだけマイナスが続くのは本当にすごいことですね。このまま暖かくならなかったらどうしようと思ってしまいます。新潟からは雪の便りがまだ届いていて相当寒いらしい。写真は先週の日曜日の写真ですが、今はもっと白くなっているのでは?と想像しております。日本中が寒いみたいなので、皆様も風邪やインフルには十分お気をつけください。

 

 

新潟県三条市白鷺公園近く
 

03:55 新潟 comments(0) -
久しぶりの雨です

 朝起きてみたら久々に雨が降っています。久しぶりですね。デッキを塗り終えたのでよかった。ちゃんと雨をはじいてくれています。ブログで政治的なことはあまり書かないようにしていますが、あまりにもひどい安倍晋三政治は世の中に閉塞感をもたらし、国民の心をじわじわと締め付けています。公明も維新も自民党内も良識というのはないのでしょうか?きちんとした議論もないまま次々と暴挙を許している人たちは日本をダメにして行く諸悪の根源です。自民党が過半数を取った時からこうなることは想像していましたが、民主主義などまるでないに等しいやり方を見ていると久々に怒りが湧いて来ます。飴と鞭を使い分け人々を騙しながら日本の平和を崩して行く人たちは許せません。

 さて頭にきている私ですが、今日は雨のなか三社祭の終わった浅草まで出かけます。浅草に行くのも久々です。相変わらず混んでいるんですかね?今日の目的は靴を探しに行きます。意外と靴屋さんの多い浅草!安売りのお店も割とあるんです。今履いている靴はSAS(サンアントニシューズ)というとても履きやすいくつです。何年も履いていましたがそろそろくたびれてきました。買ったのはテキサスなので買いに行くわけにもいかずおなじくらい履きやすいものを探しに行きます。

 

 

 


 

05:52 新潟 comments(0) -
スッキリ

 3日間かけて、我が家のウッドデッキを塗り替えました。連日続く好天の日々、少々夏日が続いて暑いですがデッキの塗装にはぴったりです。一日目は高圧洗浄機で汚れを落とし、次に日に1回目の塗装、3日目に2回目の塗装を終えて完成。毎年の恒例ではありますが天気の良い日が続かないとできない作業です。おかげで綺麗に仕上がりました。今年は少し明るめの塗料にしてみました。ほんとは色を間違って買ってきちゃったんですけどね。まあたまには色を変えてみるのもなんだか新鮮です。

 もう一つ昨日は新参者の冷蔵庫がやってきました。壊れたので買い換えたのですが、ほんとはもっと早くに配送してもらうはずだったのですが、母の急な葬儀のために延ばしてもらい昨日になってしまいました。入れ替えるにあたり冷蔵庫裏の埃と汚れを掃除しましたが、かなりの汚さ!18年も溜まった汚れを落とし、さながら大掃除のようになってしまいました。壁と床をピカピカに磨いたらなんだか溜まっていたモヤモヤもスッキリしました。

 

 

English gardenにあった面白い花
 

05:05 新潟 comments(0) -
変わらぬ景色

 新潟では田植えも終わったようでお米の苗が水の張った田んぼの上に頭を出しています。広大な越後平野からは遠くの弥彦山がどこからでも見えるので故郷の山といえばこの山ですかね!子供の頃いつもみていた山は世の中がどんな風に変わろうとドンとそこにあります。日常の風景は歳とともに変わりましたが、本当は心の問題で実際は何も変わっていません。離れてからわかった故郷の美しさにただ呆然とみとれるのはなかなか良いものだと近頃思ったりします。帰ればそこにある変わらぬ景色は嬉しい限りです。母親はいなくなりましたが、妹夫婦や親戚もいるしお墓の管理もあります。そして田舎の合唱団のみんながいてくれて、まだまだいく機会があります。縁が切れないことの嬉しさを噛み締めてる今日この頃です。

 

 


 

06:06 新潟 comments(0) -
さようならとありがとう

 さようならとありがとう!2017年5月13日(土曜日)享年94歳で母が突然天国に行ってしまいました。寝耳に水の突然の死です。暮らしていた老人用施設で静かに息を引き取りました。前日まで元気に歩いていたらしく、本当に急な出来事です。入院していたわけでもなく病床についていたわけでもありません。歳が歳だけに覚悟はしていましたが、予兆もなくあまりにも突然でちょっとびっくりです。ということで先週の日曜日に慌てて新潟に行きました。うちうちで葬儀を済ませ帰って来ました。

 1978年に父親が亡くなってから、39年間一人で生活して来た母は、新潟に暮らすことにこだわりついに横浜には来てもらえませんでしたが、先日無理にでも引き取りこちらで最後を一緒に暮らしたいと思っていたばかりでした。無理に連れて来て知らない土地で過ごすのが幸せなのか、そのまま新潟で人生を全うするのが幸せだったのか私にはわかりませんが、口癖は嫁さんに苦労をかけたくないと常々言っていました。いつも周りの人に気を使いながら生きていたように思います。その言葉通り一人で逝ってしまいました。それも大病することなく静かに息をひきとるという羨ましいくらいの死に際で子供達思いの母親だったと思います。

 一度胆石のいたずらで入院して、退院の時に一人暮らしはさせられないということで今の施設に入ってもらいました。本当に良いところをケアーマネージャーから紹介してもらいました。安心して任せられるところで大変お世話になった施設です。昨年長年住んでいた家も処分して、なんだか準備万端で亡くなった気がします。

 日曜日に会った母は永遠の眠りについていましたが、まるで人生を象徴するような寝顔で今にもおきて来そうな優しい寝顔でした。慌ただしくすぎて行った1週間!私が訃報を聞いたのはちょうどコンサートをやっていた日ですぐに行くことができませんでした。まさか途中で帰るわけにもいかず帰省は翌日になってしまいました。奇しくもちょうど母の日!たくさんの愛を子供達に注いでくれた母には本当に「ありがとう」という言葉しか出て来ません。写真は新潟の広い空、お通やとお葬式もきれいに晴れて母の人生を象徴するような青空が広がっていました。

 

 


 

05:09 新潟 comments(0) -
雪どけの季節

 もう何年もスキーに行っていませんが、行かなくなった理由は持って行く荷物の多さとそれを準備する面倒さでしょうか!長い板と靴とウエアーの大げさな準備が歳をとるごとに面倒くさくなってきました。(笑)さて写真の雪山は先日行った新潟への途中ですが、浦佐の手前あたりでしょうか?今どうなってるんでしょう?この時期まだまだ油断できない感じですがそれでも春は訪れているんでしょうか?小さい頃雪解けのこの季節がとても好きでした。太陽が降り注ぎ道端に溜まった雪の山が溶け出して、キラキラと輝いている様子は雪国育ちじゃないと分からない気がします。

 年配の人の免許返納が話題になっているようですが、長岡の街中に引っ越したおじさんもついに決心したようで運転をやめたようです。80をとっくに過ぎたころまだ見附市という所に住んでいたので、買い物などで車が必要不可欠でしたが、新潟ではそこそこ都会の長岡市に引っ越し便利な環境になっての決心です。自家のニュースを聞いて「おじさんは大丈夫かな」と思っていたのですが、これでちょっと安心します。

 

 


 

06:21 新潟 comments(0) -
故郷の夕日は美しく

 3日間の新潟旅行、金曜日に行って昨日の日曜日に帰ってきました。目的は土曜日のコンサートでした。まだ雪の残る田舎はやはり寒く、春はもうちょっと先のようです。着いた日の夕暮れ時、広い新潟平野に沈む夕日が美しく、ますます田舎が好きになって行く自分がいます。あっという間に過ぎた3日間、また新たな出会いがあったり盛り沢山な帰省となりました。

 この町の合唱団を教え始めて、ほぼ1年が過ぎその中の一人からコンサートを依頼されたのが1月の新年会!まだまだ先だと思っていたら、2月がなかったかのようなスピードで過ぎ去り土曜日の本番が来てしまいました。一昨年に恩師が亡くなり、まだまだショックは続いていますが、先生が残された多くの教え子の中から今回のコンサートに合う人に手伝ってもらい2時間のコンサートは無事に終了しました。改めて先生の遺産の豊富さに感謝したコンサートでもありました。帰ってみたら、地元紙(三條新聞)にでかでかと記事も出ており、雑誌にも掲載されていたりと行ってみてびっくり!当日のお客様は用意した60席を軽く超えて100人を突破してしまい、慌てて椅子を用意するというバタバタぶり!おかげでたくさんの方に聞いてもらうことができました。頭の中では40人くらいでアットホームなものを連想していましたがあけてびっくりですね。どこからこんなに人が出てくるんだろうと思う土地柄(失礼かな?)遠くは弥彦村の方から新聞を見て来てくれた方もいて改めて新潟県の音楽好きの方々に敬意を評します。今回は仕事柄子供中心の曲を前半に揃えていたので、子供が来てくれないかなと願っていたのですが、少ないものそこそこ子供達もいてくれたので、楽しんでもらえたかもしれません。15分の休憩を挟んであっという間の2時間でしたが長い間聞いていただいた皆さん、また寒い中遠くから来ていただいた方々、本当にありがとうございました。

 

 


 

06:01 新潟 comments(0) -
凧のマンホール蓋

 見附市で見つけたマンホールの蓋!凧の絵になっていました。意外と足元を見てみると様々な蓋をがあって地域によって違うようです。横浜はベイブリッジが描かれていたり、馴染みのない街に行くと必ずマンホールはチェックしないと気がすみません。この辺は凧合戦等のが昔からあって一度父親に連れられて見に行ったことを思い出しました。三条白根なども有名どころですが、見附市も昔からやってましたね。さてマンホールの蓋、このようにカラフルなのは珍しい気がします。初めてかもしれません。横浜のは色がついていなかった。ちょっとした足元を見てみるのもなかなか面白いですよ。

 昨日は、珍しく家から一歩も出ませんでした。家の周りの草取りと掃除をしていましたが、この時期は蚊がいないからとても掃除しやすい。草も枯れているので取りやすい、いいことずくめです。綺麗になったので明日は除草剤を撒こうかな?と画策してます。今日は都内へGo!来期の打ち合わせがあります。ついに8年目に突入します。

 

 

 

05:11 新潟 comments(0) -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
かんたんメソッド コードで弾きうたい (4038)
かんたんメソッド コードで弾きうたい (4038) (JUGEMレビュー »)
細田 淳子,笹井 邦彦,西海 聡子,悠木 昭宏
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND